トップ >
BAY 2013 Winter >
スペシャル対談

2013 Winter

スペシャル対談

美肌のプロが語る極上スキンケアライフ

Women’s Health 健康女子のつくりかた
美肌は女性の憧れであり、尽きせぬ悩みです。
肌がきれいだと年齢を重ねても美しくいられますし時には性格や対人関係にも影響します。
そこで今回はスキンケアをテーマに美肌のプロと人気アナウンサーが対談。 とても40代には見えない、美肌と美貌のお二人ですがそこには、どんな努力があるのでしょうか?
ヴィセラ ジャパン(株) 代表取締役    武藤 興子 さん
世界中のプロフェッショナルやセレブに愛用される自然派スキンケアブランド、YON-KA(ヨンカ)。武藤興子さんは約10年前、出張先のパリで日本未上陸だったYON-KAに出会い、勤めていた会社を辞めて総代理店となるべく本社へアプローチ。大手企業もエントリーする中、情熱と行動力でみごと権利を獲得します。最初は直営店スパだけのスタートでしたが、スキンケアのプロからプロへと評判を呼び、現在は百貨店やホテルスパへ販路を広げています。近年は「生き方」や「キャリア」の講演も数多く行っておられる、注目の女性経営者です。
フリーアナウンサー    勝 恵子 さん
大学生時代にニュース番組に抜擢され、以後、フリーアナウンサーとして活躍する勝恵子さん。主な出演番組は「ニュースステーション」をはじめ、「スーパーJチャンネル」「ザ・ワイド」「めざましテレビ」「賢者の選択」など。ニュース、スポーツ、情報番組…と、多方面にわたって才覚を発揮してきました。2006年には長男を出産し、現在は子育てと仕事を両立中。著書に「やっとわかった!わたしの「お金」を増やす法」があり、日本証券業協会「金融資本市場に関する政策懇談会」委員を務めておられます。所属事務所はセント・フォース。

1日1分でいいから、肌を慈しむ時間を作る。

勝……
武藤さん、肌がやっぱりきれい!ツヤツヤですね。
武藤…
私、30代の半ばまでは肌トラブルだらけだったんですよ。通りすがりの酔っ払いに「そこのブツブツ!」なんて絡まれるほど。
勝……
信じられない!
武藤…
ちょうどその頃にYON-KAと出会い、約10年使い続けています。自社の宣伝になりますが(笑)。
勝……
最高の広告塔ですね(笑)。それを聞くと「肌はお手入れ次第で変わるのかな?」って思います。
武藤…
変わります。きちんとケアすれば肌質は必ず良くなります。私自身も20代や30代の頃より、今の肌が好きです。
勝……
年齢を重ねると肌は劣化するイメージがありますが、そうではない?
武藤…
加齢に伴って肌が変わっていくことは仕方ないと思うんです。でも年齢を重ねた上での美しさってあるでしょう。別に美魔女になる必要はないんです(笑)。40代なのに20代に見られるより、しっとりときれいな40代になりたいと思いませんか?
勝……
若さと美しさは違いますよね。どんな手入れをすればそんな風になれますか?
武藤…
一番大切なコツは1日1分でも「肌に向き合い、慈しむ時間」を作ること。例えば化粧水。私のお勧めはシュッシュとつけて丁寧に浸透させて…を3回くり返すんです。テレビ見ながら適当にやってたら、どんなに良い化粧品を使ってもダメです。
勝……
ほんの少し意識を高める…それが明日の美肌へつながるのですね。
武藤…
働く女性は忙しいでしょう?私もお肌のゴールデンタイム、10時から2時の間に寝たことなどありません。せめて自分にできることをしようと、1日1分の化粧水タイムだけは守っています。あとはバスタイムを有効活用して、湯船に浸かりながらマスクをしたり。
勝……
やはり保湿は大事ですか?
武藤…
スキンケアは保湿で決まります。シミやシワがあっても、しっかり潤っていれば肌は輝きます。

時間が無い人ほどサロンを利用して

勝……
肌に悩む女性って多いのですか?
武藤…
悩んでない人がいないくらいで、むしろそれが問題かもしれません。痩せているのに「ダイエットしなきゃ」と言っている人のように、健康な肌でも「アンチエイジング」に夢中になりすぎるひともいる。最近は“自称、敏感肌”の女性が多いんですが、その多くは心が敏感なんだと思います。
勝……
肌トラブルを怖がり過ぎている、ということ?
武藤…
そう。少しでも肌荒れしたら、すぐに「この化粧品は合わない」と変えてしまったりね。でも原因は生理かもしれませんし、ストレスかもしれない。ちょっと試しては止めるのをくり返す「ジプシー」は、肌を本当に敏感にしてしまいます。
勝……
でもトラブルは不安です。かかりつけ医のように、何でも相談できる専門家がいると心強いのですが。
武藤…
エステやスパなどのサロンは利用しますか?
勝……
旅行先のホテルで行く程度ですね。普段はなかなか時間がとれなくて。やはりサロンには通った方が良いんですか?
武藤…
定期的にサロンに通うことは、プロに肌の健康を管理してもらうことですから。理想は3週間に1度ですが、1~2カ月に1度でもかまいません。私は、忙しい人ほどサロンを利用してほしいんです。毎日のケアに時間がとれないなら、スケジュールの中に組み込んでしまってプロの手できれいになればいい。お手入れの間に睡眠も取れるし…って、私のことですが(笑)。
勝……
私もエステの最中に眠ってしまいます(笑)。
武藤…
よくお客様で「疲れているからボディでお願い」という方がいらっしゃいますが、本当に疲れている時はフェイシャルが良いんですよ。顔は脳に近いので、マッサージするとリラックスするんです。
勝……
脳と肌はつながっているんですね。

肌がきれいだと対人関係も変わる

武藤…
私どもの店舗やサロンには、多くのお客様が来られます。勝さんのような「コミュニケーションのプロ」に、その秘訣をお聞きしたいなって。
勝……
コミュニケーションは「どう話すか」だと思っていませんか?でも実は「どう聞くか」なんですよ。アナウンサーの仕事って、話しているように見えて、人の話を聞いていることがほとんどです。大事なのは相手を知りたいと思う気持ち。聞く姿勢がないと、それは自分で話しているだけの勝手な人です。
武藤…
お客様と接する時にも、まず「どういう状態ですか?」「何に悩んでおられますか?」と聞くんですね。
勝……
その上で「髪を切りましたか?」とか、「ストールの色が素敵ですね」とか、自分が相手にきちんと向き合っていることを伝えるのも大切ですね。
武藤…
わかります。私どもでも人気のあるスタッフは、そういった声がけをよくしますね。「今日は顔色が良いですね」とか「旅行はいかがでしたか?」とか…。
勝……
ボディランゲージも重要ですよ。相手の目を見て笑顔で話しかけると、ぐっと親近感を持ってくれます。でもそんな時、肌に自信がないと消極的になってしまいますよね。
武藤…
お客様にも、肌トラブルが解決した途端に明るくなって「対人関係に自信が持てるようになりました」と言われる方が沢山おられます。
勝……
「肌がきれいなら女は無敵」というCMがありますが、肌って女性の生き方にも大きく影響しますよね。私もあきらめず、大人の女性ならではの美肌づくりに精進します。まずは…化粧水を丁寧に3度づけすることから始めますね(笑)。
レスパス ヨンカ 表参道

フランスで半世紀を超えるの歴史を誇り、世界40カ所以上で愛されるYON-KAのスパ&ショップ。2011年から3年連続で「SPA & WELLNESS JPAPN 」トップ10入りを果たすという快挙を成し遂げています。植物学者によって治療目的で開発されたYON-KAのラインナップは全て自然由来、保存料不使用。一人ひとりの肌や症状に合わせて、フェイシャルやボディのトリートメントメニューも多彩です。

住所:東京都港区北青山3-9-8ノースアオヤマ1F&B1F
営業時間:11:00~21:00(予約受付は~19:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
TEL:03-5469-3447  http://www.lespaceyonka.jp